「モテるかっこいい男」を目指す人が死に物狂いで集めた情報

年下彼氏と淡々としながらも尊いと感じたクリスマスのデート

 

彼氏とはもう4年くらいの付き合いになるのですが、私の方が年上で上司だということで彼氏はずっと私に敬語であり、未だにどこかよそよそしくて微妙な関係でした。

 

 

私は彼の熱烈なアプローチにより交際を始めたのですが、この微妙な上下関係もどこか緊張感を感じ、マンネリ化しない関係性は嫌いではありませんでした。

 

クリスマスの時期が近付いてくると、当然のように彼氏の方からデートに誘ってきたのですが私は仕事人間であり、仕事以外の事に興味が沸かないので時間の効率を考えて、食事だけなら良いよ、と承諾をしました。

 

普段から閑暇の際には一緒に過ごしていますし、今更特別な場所やイベントへ行く必要も無いと思っていました。仕事が終わった後に彼氏が車で迎えに来てくれたのですが、私は普段通りの淡々とした気持ちで車に乗りました。

 

彼氏が予約をしてくれていたレストランに入り、食事が出るまで待っていたのですが待っている間に彼氏が私にプレゼントの包みを渡してくれました。私はあまり物品が好きではないのでプレゼントの交換は無しだと事前に言っていたのですが、折角貰ったのだからと、包みを開けたら綺麗なネックレスが入っていました。

 

 

物品に対してあまり興味が無い私は彼氏にお世辞で嬉しい、と言うのも憚られたので「すまないね」といった微妙な言葉で返事をしました。彼氏に対してのプレゼントを用意していなかったので悪い気持ちになってしまいました。

 

レストランの食事は美味しく、キャンドルサービスまで付いていましたし、普段は口にすることができない高級な食材が食べられて珍しい体験ができました。非常に淡々としたクリスマスデートでしたが、彼氏が帰り際に私に、来年も一緒に過ごそう、と言ってきました。

 

そういえば交際を始めてからはクリスマスは勿論、イベントの際には毎回一緒に過ごしています。普段から一緒に居るので特に感謝をしていませんでしたが、こうして誰かと共に過ごすのは尊いことなのだと再確認をし、クリスマスに恋人と一緒に過ごせた事を遅蒔きながらも感謝しました。

 

 

私は帰途の途中でさり気無く高めのシャンパンを購入して私の自宅へと一緒に帰り、プレゼントのお返しとして彼氏に上げて一緒に飲みました。

 

 

この女性の体験記事から感じ取れた、男性が行うべきモテテクニック

 

・プレゼントはいらないと言われても準備しておく健気さ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

モテたいと考えている方へ

モテるためにはまず、服装をチェンジし見た目を改善する所から始めるのをお勧めします。

見た目を綺麗にすることで、女性からの印象も良くなりますし、「以前よりかっこよくなった」と自分に自信を付けることにもなります。そしてそれは普段のあなたの動作にも表れるので、モテることへの第1歩となります。

私がよく利用しているモテ服のショップは下記の2店舗です。




両店舗とも全身コーディネートした服を販売しているので「ファッションなんて分からない!」という方でも安心して選べます。