「モテるかっこいい男」を目指す人が死に物狂いで集めた情報

恥ずかしがり屋でシャイな彼と距離が縮まった思い出の花火大会

 

私が印象に残っているデートは地元の花火大会です。地元の花火大会なのですが、とてもたくさんの人で混雑する夏の風物詩です。中学生くらいのときには、彼氏ができたら行きたい憧れのデートだと思いますね。

 

 

彼とは知り合って3か月くらいでした。お互いの仕事が忙しくスケジュールがあわなかったため、時々メールをしていましたが、実際に会うのは3度目でした。

 

彼は出張が多い職種なので、会えないのも仕方がないのです。まだぎこちなさは抜けませんが、メールでいろいろな話をしていたので距離は縮まっていたと思います。

 

私の方から、「花火大会があるから行ってみたいな。」という風に話題を提供しました。彼は恥ずかしがりやであまり恋愛に慣れていないタイプだったから、私の方からこういうきっかけを作ってあげるほうがいいと思ったのもあります。これだと彼は誘っても断られないだろうという、自信がもてると思うのです。

 

そうすると、彼の方から具体的に誘ってくれました。

 

私はこの花火大会に、彼には秘密で浴衣を着ていこうと思っていました。驚かせたいのもあったし、自分が浴衣を着たかったというのもあります。着付けをしていたら少し遅れてしまって焦ったのを覚えています。

 

 

花火大会は夕方からなので、その日のランチは親友(女友達)と約束していたのですが、彼女に浴衣で行くことを勧めてもらいましたね。もしかしたら、浴衣を着るなんて、「なんだかいい年して張り切りすぎてる!」って思われたらどうしようって心配だったけれど、自信が持てました。

 

待ち合わせ場所では、もちろん彼の驚いた顔がみれましたよ。でも、あまりリップサービスをする人ではないので褒め言葉はありませんでした。

 

早くから行ったから前の方の座席を確保することができて花火もきれいで迫力があって楽しかったです。彼が嬉しそうに楽しそうにしていたので、私も心が温かくなって、この人ときっと付き合うんだろうなぁと、幸せになれそうだなぁと、漠然と思ったのを覚えています。

 

花火大会はとても混雑していて、駅までの人の流れがすごくて思わずはぐれそうになりました。それがきっかけで手をつないで歩く流れになりましたよ。まだ「付き合おう」という言葉はなかったけれど、彼からの好意を感じることができて安心しましたし、お互いの気持ちを確認できた素敵な夜でした。

 

彼は今では私の夫であり、子供たちの優しいパパです。彼はこの日のことを覚えているのかな。今ではそんな甘い会話はしませんが。

 

 

この女性の体験記事から感じ取れた、男性が行うべきモテテクニック

 

・季節に合ったイベントの花火大会に誘う。この体験では誘えてないですが。
・せっかく浴衣を着てきてくれたなら、褒め言葉のひとつぐらいあったほうが女性は嬉しい

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

モテたいと考えている方へ

モテるためにはまず、服装をチェンジし見た目を改善する所から始めるのをお勧めします。

見た目を綺麗にすることで、女性からの印象も良くなりますし、「以前よりかっこよくなった」と自分に自信を付けることにもなります。そしてそれは普段のあなたの動作にも表れるので、モテることへの第1歩となります。

私がよく利用しているモテ服のショップは下記の2店舗です。




両店舗とも全身コーディネートした服を販売しているので「ファッションなんて分からない!」という方でも安心して選べます。