「モテるかっこいい男」を目指す人が死に物狂いで集めた情報

彼との初めての旅行で神戸ルミナリエへ。広場で思い出のキス

 

高校3年生の頃から付き合い始めた彼がいます。彼とは高校が同じで、2年生のときからのクラスメイトでした。

 

 

2年生の途中まではたまに話す位でしたが、私は修学旅行を欠席してしまい、彼も同じように欠席していた事がきっかけで仲良くなりました。修学旅行を欠席した場合、学校へ行って自習をしなければならないのですが、勉強もせず沢山話をしました。その後クラスでもよく話すようになり、自然と付き合うことになりました。

 

高校を卒業して、彼は専門学校へ進学し、私はフリーターになりました。私は販売員をしていたので、土日は基本出勤です。なかなか休みが合わないので寂しいなぁと思っていました。特に、彼が長期休みに入ると私も休んで遊びたくてたまらなくなりました。

 

後1ヶ月後に冬休みという頃、彼がルミナリエを見に行こうと誘ってくれました。「泊まりはシフトが難しいと思うから日帰りだけど、旅行に行こう」と言うのです。

 

初めてのルミナリエ、更に初めての彼との旅行でした。本当は泊まりで行きたいとすごく思いました。でも、初めての旅行。泊まりじゃなくても誘われてすごく嬉しかったです。

 

それからは神戸のガイドブックを読んだり、新しい服を買ったりして準備を始めました。仕事もいつもより頑張れて、めちゃくちゃ楽しみでした。

 

高速バスを利用したので、当日は朝早くバスターミナル前で待ち合わせしました。

 

バスターミナルまでは自転車で行って、お互いに「おはよう〜」「さむいね〜」とか言い合って、高揚した気持ちが顔に出てニコニコしっぱなしでした。朝早かったのでバスの中で手を繋いで眠り、現地は自由行動だったので、早速、神戸の町に繰り出しました。

 

モザイクというショッピングモールへ行ったり、居留地を見たり、中華街や、路地のカフェなんかにも行きました。ずーっと手をつないで、寒かったけど、心はとってもあったかでした。

 

おしゃれなパン屋でパンを買ってはんぶんこして、おそろいのエコバッグを買いました。古着屋で、私はブーツ、彼はパンツを買いました。中華街で買い食いして、港で船をみました。

 

彼と一緒にいると、時間があっとゆう間にすぎて、びっくりします。暗くなってきて、ついにライトアップの時間になりました。ちょっとルミナリエから離れた所にいたので、点灯の瞬間には間に合いませんでしたが、ルミナリエを見ている沢山の人の流れに乗って、ゆっくり進みながらライトアップを見ました。

 


神戸公式観光サイト「Fiil KOBE」参照

 

なんてきれいな光だろうと思いました。感動して、繋いだ手をぎゅっと握ったら、彼も力をこめてきました。心が繋がった気がして、嬉しくなりました。

 

ルミナリエの最後は広場でした。写真を撮ってる人や、お土産を買っている人に隠れて、キスをしました。こんなに人の多い所でするのは初めてで恥ずかしかったけどすごく嬉しかったです。彼の事が本当に好きだと改めて思いました。

 

なんだか、初めての事がいっぱいで、楽しくて、嬉しくて、胸が一杯の旅行でした。とても寒かったけど、余計二人の距離が縮まった気がしました。旅行中、道に迷ってちょっとケンカしちゃったけど、それもいい思い出です。毎年行けたらいいなぁと思いました。

 

この女性の体験記事から感じ取れた、男性が行うべきモテテクニック

 

・やっぱり冬はイルミネーションデート
・ロマンチックな場所でのキス

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

モテたいと考えている方へ

モテるためにはまず、服装をチェンジし見た目を改善する所から始めるのをお勧めします。

見た目を綺麗にすることで、女性からの印象も良くなりますし、「以前よりかっこよくなった」と自分に自信を付けることにもなります。そしてそれは普段のあなたの動作にも表れるので、モテることへの第1歩となります。

私がよく利用しているモテ服のショップは下記の2店舗です。




両店舗とも全身コーディネートした服を販売しているので「ファッションなんて分からない!」という方でも安心して選べます。