「モテるかっこいい男」を目指す人が死に物狂いで集めた情報

バツ1で人柄は面白いがそれ以外はさっぱり好みではない男性と付き合った結果

 

私はとあるIT会社に派遣として入社し、毎日バタバタとせわしなく働いていました。正社員ではなく派遣なので、仕事が終わったら付き合いもせずにササッと帰るようなスタンスでした。

 

 

入社して1年が過ぎ、段々と会社での仕事にも慣れてきた頃、別の部署の男性から1通のメールが来ました。内容は、私の上司とのミーティングのセッティング依頼でした。

 

その人とは喋った事もなく興味もありませんでしたが、メールの内容がとてもユニークで面白く、「おかしな人だな。」と思いました。それをきっかけに会話する事が増え、ある日飲みに行く事になりました。

 

そして段々と仲良くなっていきました。しかし、私の中でその人は恋愛の範疇にはありませんでした。なぜなら、その人は結婚をしていたからです。結婚をしている人と付き合うなどまず選択肢の中になかったのです。

 

しかし、その人は元々夫婦関係が上手くいっておらず、ある事で奥さんに裏切られて離婚をするつもりであると相談されました。私は「離婚はじっくり考えて決断した方がいいよ。」と伝えました。

 

半年程経った頃、その人は本当に離婚をしました。そして改めて私に「付き合ってほしい。」と告白をしてきました。正直、バツ1の人と付き合う事にはためらいがありました。付き合った先には結婚の文字があったからです。

 

世の中には沢山の男性がいます。わざわざバツ1の人と結婚する事には抵抗がありました。そして120%両親が反対する事は目に見えていました。それなのに、私はその人の告白を受け入れてしまったのです。

 

 

今まで付き合った男性の中で一番面白く、いつも笑わせてくれるような気がしたからです。背はありましたが、顔は好みじゃありませんでした。完全に面白い人柄に惹かれての事でした。

 

そして、彼と付き合い半年、1年、そして2年。私達は別れました。理由は性格の不一致で、私から別れを告げました。

 

面白いという性格は本当でした。付き合っても何度も笑わせてくれました。しかし、それ以上に私は泣いていたような気がします。彼は予想外にワガママで、決して自分から謝れない性格だったのです。

 

最初は喜んでくれた手料理も、いつしか当たり前のような態度を取られるようになり、これでは乗り越えられないと分かったのです。付き合ってみないと本性は分からないものです。

 

 

この女性の体験記事から感じ取れた、男性が行うべきモテテクニック

 

・面白くユニークで女性を笑わせる

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

モテたいと考えている方へ

モテるためにはまず、服装をチェンジし見た目を改善する所から始めるのをお勧めします。

見た目を綺麗にすることで、女性からの印象も良くなりますし、「以前よりかっこよくなった」と自分に自信を付けることにもなります。そしてそれは普段のあなたの動作にも表れるので、モテることへの第1歩となります。

私がよく利用しているモテ服のショップは下記の2店舗です。




両店舗とも全身コーディネートした服を販売しているので「ファッションなんて分からない!」という方でも安心して選べます。